Windows10でのExcel使用時にAlt+Tabが効かなくなる問題への対処方法

なぜかWindows10にしてから、Excel2007、Excel2010にて、Alt+Tabを押してもウィンドウが切り替わらなくなるという現象に直面しました。

しかもこれがExcelだけで、他のアプリケーションでは正常に切り替えができるんですよね。

解決方法を残しておきます。

・スタートボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

・「regedit」と入力してEnterキーを押します。

・「HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows
 \CurrentVersion\Explorer」とツリー構造をたどっていきます。

・右枠の適当な空きスペースを右クリックし、「新規」→「DWORD (32ビット) 値」を
 クリックします。

・新たに項目が作られ、名前入力の状態になりますので、「AltTabSettings」と
 設定します。

・作られた「AltTabSettings」をダブルクリックし、「値のデータ」欄に「1」と入力し、
 OKをクリックして決定します。

・Windowsを再起動します。

これで正常にAlt+Tabでの切り替えができるようになりました。
なんなんでしょうねこれは。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加  

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
コメントを残すには、Twitter、Facebook、Google、OpenID、Disqus の、いずれかのアカウントでの認証が必要となります。(各アイコンか「コメントする」ボタンを押すと認証ウィンドウが開きます)