iOS 4の登場から1年 ―― 唯一改善してほしいと感じた機能

iOS 4の登場から、早1年。
すっかりiOS 4も繰り返されるアップデートで落ち着き、世間の注目は次期OSであるiOS 5に集まってますね。僕もその中の一人です。

iOS 4は、素晴らしい出来です。
これは間違いありません。

しかし、1年経った今、「この機能は改善すべき」と唯一思える機能がでたことも事実です。
その機能はiOS 5になっても改善される予定は現在のところありません。

今回はこの事実について書いてみたいと思います。

マルチタスクは、画期的だが、わかりにくい

PCをあまり使う機会がなく、ガラケーからiPhoneに乗り換えたといったような人から一番多い相談が、「使っていくうちに重くなっていって、そこから放置しているだけでもバッテリーがどんどん消費していくのはなんとかならないものか。」というもの。
よくフリーズして再起動するしかないという人もいました。

私みたいにiOSをアップグレードしたようなユーザや、iOSに関心を持っているユーザ、PCで調べることができるユーザであれば、iOS 4の新機能も把握しているので、ホームボタンのダブルクリックでタスク一覧が出てきて、アイコン長押しでタスク消去モードにする操作は頭に入ってますが、上述のようなユーザには、教えるまで知らない機能となっているわけです。

これを教えてあげるとその問題も改善され、だいたいが「iPhoneには説明書も付いていないのでどうやって機能を把握したらいいかがわからない」というような返事が返ってきます。
ちなみに説明書はiPhone内に入っていて、Safari→ブックマーク→iPhoneユーザガイド で見ることができます。

このマルチタスクという機能は、画期的ではあるけれど、初心者にはわかりにくい機能でもあるわけです。

アップルの設計思想

iOS 4で実装されたフォルダ機能を体験した時、「これこそがアップルの設計思想なんだな」と感心した記憶があります。
直観的で、スマートなやり方を模索して導き出された結果なのだと感じました。

だからこそ、このマルチタスクの実装は惜しいと感じさせられます。

ただ、この実装方法に対して、悪いと思っているわけではありません。
ホームボタン一つでアプリケーションを制御しているこのiPhoneの統一された設計に基づくやり方だと思ってます。

だからこそ、「必要ない」ではなく、「改善」という言葉を選びました。

タスク一括終了機能の提案

アップルの設計思想に反するかもしれませんが、ぜひともこのタスクを一括で終了させることができるボタンを画面内のどこかに配置してしてほしいと願ってます。

例えば、iOS 5で実装される通知センター内でも、ホームボタンダブルクリック時に出てくるDock内でも、ロック画面内でも、どこでもいいので、一括終了できるUIがどこかしらにあれば、いちいちタスクアイコンの右上の×ボタンを連打することもなくなります。

全てをスマートに、スムーズに扱える設計思想であるのならば、このUIは決してそれに反しているものではないのではと個人的には思っております。

今後のアップデートで改善されることを期待しています。

      
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加  

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
コメントを残すには、Twitter、Facebook、Google、OpenID、Disqus の、いずれかのアカウントでの認証が必要となります。(各アイコンか「コメントする」ボタンを押すと認証ウィンドウが開きます)