ネットをする30代とネットをしない30代

私は90年代から、パソコン通信→インターネットと、ネットにどっぷり浸かっている34歳。

Windows 95以降、インターネットに接続できる環境が急速に整っていきましたが、95年、まだ高校生だった自分は、バイト代の一部をネット接続料に充て、我先にとホームページを作ったりして、ネット上の人々とコミュニケーションするなり楽しんでいたものです。

そのWindows 95も、早いもので、発売からもうすぐ20年になろうとしている。

インターネットに接続するこということが当たり前になっている現在ですが、それでも皆インターネットを使っているわけではない。

ただ、2000年にIT系の仕事をするようになってからは、周りを見渡せば皆ネット業界の人間であるため、インターネットを利用することが当たり前になっていたわけで、「インターネットを使っていない人なんていない」という錯覚にも陥ってしまうくらい、現在まで、ネットとの付き合いが常識化してしまっているわけです。

「検索できない」人は意外に多い

知り合いのエンジニアなんかと話していると、たまにこんなことを言う人がいます。

「大体問題は検索で解決できるし、悩み自体は明確になっているのに、なぜかその検索ワード自体浮かんでこないって、その人が馬鹿なだけなんじゃないか」

そういう人は、大体何か質問に対して、ググれば解決するといった返答をすることがあります。

ネットをずっと使い続けている自分からしてみれば、言っていることはわかるし、そう言ってしまえば終わりなんですけど、世の中結構そういう「検索できない」人って、意外に多いんですよね。
ネット業界にどっぷり浸かってると、なかなかそれに気づけない。

ネットをする人は忙しい

私の場合、地元に帰った時なんかはそれに気づくことが多い。

例えば私の弟なんかは、PCというものからかけ離れている超アナログ人間であるため、「この駅ってみずほ銀行ないね。交番ないし探し回ってもどこにも見当たらないから隣駅まで行ってくる」なんてメールがくるのでネットで調べてみたら案の定あっさり反対側にあったりするし、ネットを使わないかわりにどれだけ足を使っているのだろうと思ってしまうことがちらほらある。

学生時代の友人らと旅行に行くときなんかは、Twitterなんてしていれば、「またつぶやいちゃってんの?」と言われるし、食べ物の写真なんて、誰も撮らない。
Facebookは一応登録はしているけど、登録しているだけといった感じ。
毎朝ニュースサイトなどを見ているというだけで、「情報の波に毎日溺れて苦しくない?」と言われたり、「無駄に忙しいね」と言われることだってある。

それに対し、ネット業界の人達とどこかへ出かければ、どこかしらで必ずスマホでSNSをやっているし、チェックインもしているし、食べ物の写真も食べる前に撮りまくっている。
Yahoo!トピックスやはてなブックマークなどをチェックするのは最低限の日課。
当たり前と感じていても、こう比べてみると、この差はすごい。たしかに忙しい。

地元にいると、自分がいかにネットに依存しているかを感じることができる。

Facebookだって、少なくとも自分にとっては、承認欲求を満たすためだけのツールだもの。
仕事は別として、言われてみると、なんでわざわざこんなに忙しいことしているんだろうと思うこともあります。
別にやらなくたっていいのに、1日に何度もアクセスしてしまうんだから、依存しているとしか言いようがない。

Googleにはできない大切なこと

話は戻りますが、そういう人に向けて、「ググれば解決するから」と言えるだろうか。

私の見解から言ってしまうと、そもそもの話、別にそういう人に向けてじゃなくても、「ググれば解決するから」は基本的にはなしだと思っている。

もちろんそれも状況によるし、仕事に関連することだったりすれば、「聞くばかりではなくもう少し調べなよ」と言うことも必要だし、全てでないことを予め言っておきますが、わかってほしいのは、「あなたにわざわざ質問してくるのは、単純に回答の一言だけを求めているわけではない」ということです。

そこから生まれる新たな発想だって、コミュニケーションだって、ググっても出てきません。
そしてそれはとても大切なことなんじゃないでしょうか。
回答だけを返してくるGoogleにはできないことを、聞く側は求めているんです。
そこから生まれるちょっとした会話であっても、Googleには真似できない唯一無二のものであって、意味のあるものなんじゃないでしょうか。

 
ネットをする人はする人の生き方があり、ネットをしない人はしない人の生き方がある。
それを十分理解した上で、そのネットをしない層に対してどういったサービスを持ちかければ手持ちのスマホでうまく活用してもらえるんだろう。

そんなことを考えている中で思ったことの一部を、ここに書き起こしてみました。

2014年のインターネットは、きっと昨年以上にもっと「ライト」な方向へ進むことでしょうね。
私も枠にとらわれないサービスを世に送り出せるよう、頑張りたいと思います。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加  

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
コメントを残すには、Twitter、Facebook、Google、OpenID、Disqus の、いずれかのアカウントでの認証が必要となります。(各アイコンか「コメントする」ボタンを押すと認証ウィンドウが開きます)